学問を究めよ。然し、学術におぼれることなかれ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

朝早くから三田の518ホールで大学院の入学式。塾長を初め、常任委員、研究科長と勢揃い。田中と会ったので一緒に座って塾長の話を聞く。「学問を究めよ。然し、学術におぼれることなかれ」という福澤先生のお言葉をつかって、実学と虚学について説明されていた。僕にとっては幼稚舎から数えて5回目の慶應義塾の入学式。これで恐らく最後になるであろう。感慨深い物があった。入学式は10時で終了。既にSFC生は昨日ガイダンスを済ませているので解散。こんなに早く終ったか・・・と思っていたら永井美奈子、いや、堀さんから電話。掲示板のところにいるというので合流。と思ったらいない。あれ?と思ってもう一回電話。すると外にいた。掲示板というと、三田の学生は普通は学事の掲示板を思い浮かべるが、初めての人は、外のイベント情報や体育会情報の貼ってある掲示板のことを指していた。今日は保護者として夫の堀ロバート氏も一緒だった。おお!サイバードの社長さん!!みんなで入学記念の撮影をしました。堀さんの提案でご飯を食べる音に。しかし・・・時間が時間なだけにまだお店はどこも開いてない。そこで、すかいらーくへ。パスタを食べました。しかも旦那様のおごり!ごちそうさまでしたっ!
その後塾員センターで証明書を貰って、広尾のENOTECAへ。今日はとっちゃんの留学お祝いパーティーなので、シャンパーニュを買おうと。極上のシャンパーニュと言えばドン・ペリニヨンというわけでオーナーの広瀬さんに頼もうと思ったら代官山のショップのオープンに合わせて代官山へ行っているとのこと。しかも広尾のショップにはドン・ペリニヨンは今無いとのこと。代官山店へ電話してもらい、最後の1本を押さえました。冷やしといてと頼んでから、しみちゃんと合流して寺田倉庫へ。が、なんと、しみちゃんが資料をすべて家に忘れたという失態。急いで間下さんにWEBに上げてもらう。おかげで助かりました。
その後はドン・ペリニヨンを代官山のENOTECAへ取りに行き、白井家へ。とっちゃんの留学祝いパーティーをしました。おばさんと泉が色々と料理を作ってくれましたが、間下さんと高久さんは寝ていました。林君に初めて会いましたが、こんなに僕の話に笑ってくれる人も珍しいと思いました。家に連れて帰りたいくらいお気に入りになりました。林君の笑いのセンスは素晴らしい!!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 学問を究めよ。然し、学術におぼれることなかれ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/52

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2001年4月 7日 23:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おぬしは積極的だから心配してないよ」です。

次のブログ記事は「ということで話がまとまる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。