竹中平蔵、金子郁容、伊藤良二が授業中に推薦

| | コメント(0) | トラックバック(0)

朝早く起きて、今日は三田で1限から。と急いで学校へ行くと休講。そういえば先生が先週休講とか言ってたことを思い出す。今更遅いよ。ラウンジでネットサーフ。まだ経済のアカウントが使えるのがなんだか不思議。そういえば去年日吉でもまだ使えたような・・・一生使えるのだろうか??
2限はちゃんとあった。ボツオさんとヨシナオさんの父である高橋元夫氏の授業。学校図書館のメディアの構築について学ぶ。即レポを出して昼ご飯。礼と会ったのでカフェテリアで饂飩を食べる。そこから慶應病院へ。親不知を抜く予定だったのだが、熱を計ったら37.2度。風邪をひいてますね。と言われ、感染症の恐れがあるからと言われて中止。今月末に予定変更となりました。その後、礼と本探しの旅に出ました。恵比寿、横浜と「コミュニティ・ソリューション」を探しに行きましたが、どこもありませんでした。横浜にコムサストアができたので入ってみました。マジ安い。しかも結構いい感じ。コムサもデフレ効果のおかげか凄い価格破壊。思わず色々と購入。
家に帰って風邪だということを実感。少し仮眠をとる。しばらくして起き出して、堀さんから電話。今仕事が終ったとのこと。計画書書かなきゃね。ということで、明日提出の森基金の研究計画書を書きながら、ネット上で本を検索。Amazonの送料が有料化された今、頼れるのは楽天ブックス。なんだかAmazonの送料が有料化された今、頼れるのは楽天。ここで働いていたのが遠い昔のよう・・・
「日本経済の罠」(小林慶一郎/加藤創太 著 日本経済新聞社)、「オープンソースソフトウェア」(クリス・ディボナ/サム・オックマン著 オライリー ジャパン)、「社長失格」(板倉雄一郎著 日経BP社)の3冊を購入。それぞれ、竹中平蔵、金子郁容、伊藤良二が授業中に推薦した図書。届くのが楽しみ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 竹中平蔵、金子郁容、伊藤良二が授業中に推薦

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/76

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2001年5月 1日 22:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「だるまさんがころんだ」です。

次のブログ記事は「研究計画書を一人ずつ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。