自らを助けようとする精神と自らを律する精神

| | コメント(0) | トラックバック(0)

クライアントへミーティングに行って、そこから虎ノ門パストラルへ。今日は永井美奈子こと堀さんの招待で我が日本の首相、小泉純一郎とディスカッションできるということで、リバティーオープンカレッジへ行ってきました。
印象に残ったのは、小泉さんが「国民が政治家に関心を持つと政治家も国民に関心を持つ」と言っていたこと。本来ならば政治家はどんな時も国民に関心を持たなきゃだめなんじゃないの?あとは、ケアセンター成瀬のような事例も紹介していたのが印象的だった。移動するのが大変な老人が運転手を雇いたいが、一人ではお金がかかって雇えない。そこで数人が集まって一人の運転手を雇う。こんなことが行われていると。
しかし小泉さんのアツイ想いは伝わった。とにかくやる気はある人だ。「構造改革なくして成長なし!」を連発してましたから。
若者に必要なのは「自らを助けようとする精神と自らを律する精神」だそうです。しかし小泉さん、忙しいだろうけど、パソコンくらい使えるようになってください。
小泉ストラップと小泉ポスターをお土産にもらった。
終了後、永井さんにマネージャーとWEB担当の方を紹介してもらう。マネージャーさん、噂のミカヅキネコそっくり。
小泉ストラップ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 自らを助けようとする精神と自らを律する精神

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/136

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2001年7月10日 22:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デジタル情報革命を通じて人類の智恵と知識を共有し、人類に貢献する」です。

次のブログ記事は「横浜三田会へ参加」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。