学習環境研究会へのお誘い

| | コメント(0) | トラックバック(0)

土日も学校があるというのが夏期スクーリングの辛いところ。しかし頑張って早起きして電車へ。今日は土曜日なのでかなり空いている。いつもこのくらい空いてればいいのに。先生も大変だなと思う。曽野先生に聞いたのだが、どうやら玉川大学の先生はスクーリングは補講をしないという契約を結んであるため、どんな理由があろうとも授業をしなければならないそうだ。先生は風邪でも休めないらしい。しかも1コマ3時間。かなり辛いものがある。曽野先生とは名刺交換をした。学外でも会いましょうということで、先生が興味をもっておられる、金子先生と鈴木先生が集う、学習環境研究会へのお誘いをしてみた。僕はその日も玉川大学で授業なのだが、先生が時間があれば僕も時間を割いて金子先生と鈴木先生を紹介しようと考えている。
2限はまた教科書通りに教えてはいけないという例示を先生がしていた。帰宅途中に町田の街をうろついてみた。
写真は松蔭橋。小田急線の上を通っている橋で、玉川大学の広大なキャンパスの中心にある。
松蔭橋

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 学習環境研究会へのお誘い

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/161

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2001年8月 4日 22:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なんと大胆な採択」です。

次のブログ記事は「咸宜園と松下村塾」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。