若鮎をいただく

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今日からⅡ期に入った玉川大学スクーリング。Ⅱ期は道徳教育の研究と全人教育音楽を履修しています。全人教育とは玉川学園の創立者小原國芳先生が提唱された教育理念で、人間の文化を、 学問・道徳・芸術・宗教・身体・生活に分けて、それぞれの理想を 真・善・美・聖・健・富 とし、人格形成においてこれら6つの価値を創造し、調和的に成長させて行こうというものです。また、反対の合一(相反する二面を一つにし、人間味あふれる人を目指す)、個性の尊重(太郎は太郎の、花子は花子の唯一無二の本領を発揮したときが最も美しい)、労作教育(自ら考え、試みて行うことが大事)を柱に加え大切にしています。
この全人教育音楽の先生が面白い。千葉先生という先生なのだが、大学の授業でここまで盛り上がったのを見たことがない。それくらいユーモアにあふれる先生なのである。この人の授業は一見の価値ありです。
終了後、泉のパソコンを直すため、日吉で待ち合わせ。SANTINOでご飯を食べていると隣の席にムネと木津さんが。そこから家で泉のパソコンで数式エディタが動くようにOfficeを再インストール。遅くなってしまったので中野まで送って帰宅。
帰ってから泉が東大の前の三原堂で買ってきてくれた若鮎をいただく。そしてまた明日に備えて早めに寝ました。
デジカメをのぞく泉

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 若鮎をいただく

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/166

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2001年8月 9日 22:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「束の間の休日は営業で終了」です。

次のブログ記事は「荘厳な感じ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。