2001年9月アーカイブ

金曜日は4限だけ。学校図書館メディア論の1コマのためだけに学校へ。三田図書館でgame-theory関係の本を漁る。なさそうな本が多かったので、取り寄せてもらうことに。
授業終了後、オフィスへ行き、来社した小野氏とミーティング。
それから朝まで新企画のミーティングを間下さんと行う。だんだんと煮詰まってきた。
写真はイチゾウたちが載った雑誌ZAI。
イチゾウたちが載った雑誌ZAI

朝からSFCへ行く。授業を見て回ろうと思い、1限は菅原貴与志のベンチャー関連法。2限は桑原武夫のサイバースペースマーケティングを見る。康平と久しぶりに食事を食べて、4限に渋川さんの知識情報論を見て、他はあんまり面白そうな授業がなかったので、ロフトに行く。λの前で理沙子に会う。授業などについて情報交換をする。幼稚舎同窓会を昔は手伝ってくれていたのだが、最近はご無沙汰。それからτへ行き、ロフトで作業をしてから帰宅。
τの前からΔを写した

今日から今日からいよいよ学校開始。今日は三田からSFCへと大移動の日。昼ご飯も食べずに2限終了後そのままSFCに直行。今日はnetcomの日。初日ということもあって、今学期の方向性を決定した。今学期はgame theoryをやる予定。
5限は利率100%を誇るBAIN&COMPANYの社長である伊藤良二先生によるベンチャー経営論。SFCに来てよかったなと思った先生の一人。VCからお金をぶんどる方法などを細かく、実践的に教えてくれる。グルワ形式らしいのだが、楽しそうなので履修を決めた。康平や怜もとるらしい。
5限が終了した頃にはおなかが空いて死にそうだった。昼は高速移動中だったため、食べていない。水曜日は大変だ。。。。
目黒通りにあるHQ

今日から授業開始。と思って学校へ行ったら教室に誰もいない。あれ?と思って周りを見渡すと、人気も少ない。教室を出ると泉に遭遇。今日はガイダンスということで学校は休みらしいと聞く。
泉の研究計画書について相談に乗って、それから図書館で読書。遅い昼飯に行こうと泉に言われてますたにでラーメンを食べる。
そして図書館に戻ってまた研究計画書の書き方を教えながら読書。
そこからオフィスへ行って吉村社長と会談。新しいビジネス展開に向けた話し合い。それから帰宅。
三田キャンパス

昼頃起きる。メールで、peace2001.orgというサイトを知る。アメリカの新聞に報復反対の全面広告を出そうとする募金キャンペーンらしい。NY Times一面で1700万円もするらしい。

President George W. Bush
The White House
Washington, DC September 13, 2001

Dear Mr. President,

I am a former Marine Corps sergeant who served his country well and was honorably discharged in 1970. I have never written such a letter before and I pray that it will somehow get through the bureaucratic filters to reach you. Like so many Americans, I was appalled and shocked by the death and destruction we witnessed two days ago. I am now coming out of my shock and am very concerned about the grievous state in which our country and the world find themselves. We have suffered a horrible attack and far too many of us have suffered and died. I am greatly saddened and sickened by the carnage and suffering of the victims and their families. I know you too are suffering and I can feel your anger and frustration as well as your desire for active retaliation and I understand it well. It is a natural and justifiable reaction to such a heinous criminal act.

And yet I would counsel you to proceed carefully. I fear we are in a perilous situation and a mistake on our part could easily widen the already huge spiral of violence in which the world finds itself. Mr. President, you now have the great opportunity to prove to the world that the United States is more than just a great economic and military power to be feared. It is up to you to show all of the world that the United States is also a law abiding and civilized country which can be trusted to follow the laws of the world as well as let itself be guided by the wisdom of human understanding and compassion.

I urge you to use all legal means at your disposal to determine who perpetrated this horrible crime and to bring them to trial before the appropriate court. Let them indeed find the justice the world awaits and needs. But I beg you, let not one more innocent life - be it American, Israeli, Palestinian or any other - be lost because of this horrible crime.
Too often our bombs and weapons have taken the lives of innocent victims. I believe the military euphemism is "collateral damage" but in reality it is manslaughter if not outright murder. What right can we claim that allows us to take more innocent lives? Is that not also a form of terrorism? Should we lower ourselves to the level of those who attacked the World Trade Center or should we stand tall and take the legal and moral high ground?

You have chosen to describe this as an act of evil. I fear using such inflammatory language will only worsen the situation. Such language will all too easily incite a lynch mob mentality, when what we need is the compassion which Jesus taught as well as the cool reason which will help us reach our true goals of global peace, prosperity and democracy for all people of the world. Lead us, Mr. President, with dignity and wisdom and do not pander to the primitive parts of our beings that are all too powerfully calling out at this moment. Show the world that you too are a leader with the greatness, strength and courage to seek true understanding and restorative justice, just as Nelson Mandela did in South Africa.

Rather than characterizing the attack as an act of evil, I see it as a terrible last act of desperation by people who believed they had no other way to make themselves heard than to resort to violence and mayhem. It is absolutely critical that we see not only their willingness to use horrible, illegal means, but that we also hear their desperation which makes them view such means as the highest form of heroism including the sacrifice of their very lives. As a former Marine, I know what it means to be willing to sacrifice one's life for a cause one truly believes in. While I see these people as horribly misguided, hate-filled and desperate, I do not believe they are cowardly or evil.

If we are to truly resolve the hatred and violence, we need to understand that in their eyes, they see themselves as a tiny, heroic David fighting against a huge, monstrous Goliath who seeks to kill them and their way of life. We certainly need not agree with their views, but we must understand them if we ever hope to achieve a lasting peace and not a world that is locked down and bereft of all the civil rights and freedoms we cherish so highly.

Months ago we saw magazine pictures of a young Palestinian child being cradled for hours in the arms of his father. Innocently caught in a gun battle the child died from bullet wounds and the father could not move to save him. Can you begin to imagine the anguish, pain and sense of injustice this father must have felt? As a father yourself, how would you have felt in such a situation as the life oozed out of your child and you were pinned down and absolutely helpless? It is such intensely unbearable images and feelings that drive people to such desperate measures as we witnessed on Wednesday in New York and Washington.

In this moment of deep crisis, is also a moment of immense opportunity. I urge you to take this opportunity to move our world away from violence and suffering and towards peace, freedom and abundance for all. Let these voices of desperation be heard and let the perpetrators have their day in court.
Show them that we truly do believe in law and justice for all. Let us not make the mistake we did recently at Durban, but rather let us bring all voices to the table, even if they are screaming and telling the stories we would like not to hear. We are truly a superpower and we are too used to talking and expecting others to listen. Show the world that we are also strong enough to learn to listen. I know you are a Christian and I pray that you will indeed do what Jesus Christ counseled and not rashly lash out in violence. May God give you the wisdom to find the great opportunity for peace that lies in this horrible tragedy. I hope that later in this century historians will look back and applaud your greatness of spirit and cool sense of reason that moved our globalizing world closer to justice and democracy for all.

Respectfully,
Greg Nees

という文面を掲載する予定らしいが、こういうところがアメリカらしいなと思う。
写真はSFC OPEN RESEARCH FORUM 2001の記念品のワイングラスとSFC OPEN RESEARCH FORUM 2001WORLD PC EXPO 2001のPASS。
SFC ORF 2001 記念ワイングラスWPC EXPO VIP PASS

昼から高久さんとSFC OPEN RESEARCH FORUM 2001へ。
到着してからΑ館で秋学期の時間割をもらい、Ω館で受け付け。それからεでやっているBoxed Economyのブースを見に行く。井庭さんに説明をしてもらって、高久さんに島さんを紹介してもらう。
それから眼球運動測定のブースへ行くとモンゾーに遭遇。福田忠彦研らしい。ローマ戦を見せられ、バティーの動きを追っているところを測定される。結構色々なビジネスに応用できそう。
κ、ι、οと見て回り、ワインパーティーが行われているΩのロビーへ。ワイングラスを持って飲み始めたところでぼつおさん発見。
イベントナビの鈴木さんを紹介してもらう。それから鈴木さんと話して、牧さんと話す。
それから島さんと高久さんの話に加わってお開き。
島さんを湘南台まで。高久さんを白楽まで送って帰る。しかし高久さんは僕の車の中に携帯を忘れる・・・・
夜、Og Mandinoの傑作、<十二番目の天使を読み、泣く。読了。
Timothy Nobleの言う「Never, never give up!」、「Day by day in every way I am getting better and better!」という言葉に世界中の誰もが勇気づけられただろう。
電気自動車KAZKAZと高久さん

朝まで仕事をしていたので、昼頃起きる。今日はCOMへ取材に行く日。しかし後藤社長からメールが。時間をずらして欲しいと。しかし僕はNECとの約束があったため、後藤社長との約束を延期することに。
しかしその直後、NECから電話。今日の約束は延期になった。そのため再び後藤社長に連絡し、時間を遅らせて今日行くことを伝える。それからもう一回寝てから、COMへ。話した感じ、間下さんと通じるものがある。若い社長はみんなこうなのだろうか。
取材終了後、礼からメール。LAから無事に日本に帰ってきたらしい。頼んでおいた靴下を取りに行くと言って礼の家へ。靴下をもらって、太った礼を見て帰る。
明日から学校に復帰します。
COM 後藤社長

朝、早く起きて、麻布十番へ。堀さんと待ち合わせていたのだが、堀さんはパステルでプリンを購入してから迎えに行くとのこと。
その間スタバで待つことに。その際、昨日会った博報堂の間部さんが企画した、7 seven 創刊号を購入。
スタバTSUTAYAなどで買えるようにしたという購買層を若者に絞ったのは◎。そしてカラーでわかりやすく、持っていても親父くさくないのも◎。しかし新聞と言うよりは雑誌という感じ。雑誌の域を出てないような気がするのと、新聞としてのタイムリー性が全く無い。しかも、読みにくい。新聞よりも硬い紙を使っているため、広げるとびろびろしてしまう。と酷評している間に堀さん登場。堀さんのJAGUAR幕張メッセへと向かう。
結構空いていたため、予定より早く幕張メッセに到着。堀さんにVIPチケットをいただき、WORLD PC EXPO 2001へ。しかしVIP専用入り口は遠かった。。。入場して直ぐにCYBIRDのブースへ行き、堀さんの旦那、社長のロバさんにお土産を渡す。そして堀さんの永井美奈子時代の友達、電通の寺尾氏を紹介してもらう。ちょうどロバさんのテレビ取材が終わったところだったので、ロバさんと堀さんと、寺尾さんと一緒に4人で色々と見て回ることに。
近くのマイクロソフトNTT DOCOMOSONYと見て回る。今日が初日とあって、どこのブースもまだ動きがぎこちない。
それからCYBIRDのブースへ戻って「すぐメル」の説明を聞く。これは確かにすごい発明。いままでのキャンペーン事情を一新するかもしれないすごい企画。ロバさんにメールアドレスどのくらい押さえてあるの?って聞いたら、「無限」だと。
説明終了後、ゲームをして、CYBIRDシャツとCYBIRDバッグをもらう。CYBIRDシャツは来たときにももらったから2着目。。。
それから寺尾さんに別れを告げて、堀夫妻と駐車場へ。ロバさんのもうすぐいなくなってしまうというMASERATI 3200GTの写真を撮ってあげる。やっぱりかっこいい。独特のテールランプが最高。稲垣吾郎がこの車で事故ってから、有名になった。しかし、次モデルからは独特のテールランプもアメリカ市場の強い要望により普通の形へと変わってしまう。非常に残念だ。
それからまたもや堀さんのJAGUARで送ってもらう。
田町の駅まで送ってもらい、そこから僕は山手線で渋谷へ。母と合流して西武B館8階へ。GIORGIO ARMANIの秋冬コレクションのショーになんとかギリギリ間にあった。
今シーズンはDONNAはバレリーナをテーマとしているため、軽やかなフリルの付いたスカートが目立った。UOMOはしっかりとした体のラインが美しく出るようになっていた。
ショー終了後、外商の田辺さんと特別サロンでコーヒーを飲みながらお話し。
それから下のGIORGIO ARMANIへ行って店長に挨拶。相変わらずかっこいい。今シーズンの出たばかりのスーツを見せてもらい、今シーズンっぽいスーツを購入。店長に見立ててもらう。流石のセンス。それからイタリアンを食べてから帰宅。
夜は八雲のオフィスへ行ってマキさんとデザインについて打ち合わせ。それから朝まで仕事。
スタバで売っている 7 seven 創刊号富士通のブースでやってたGRAYのライブ中継
お世話になった堀夫妻VIPチケット
GIORGIO ARMANIのショーカタログ

夜、MCCKBSの山根節氏のお話を聴く予定だったのだが、急遽キャンセルして銀座ソニービルで行われた、NPOETIC構想日本合同の第51回J.I.フォーラムに参加しました。
猪尾さんの紹介で参加したのですが、僕の目当ては教育コンテンツを開発している株式会社ウィル・シードの船橋力社長。
リクルートのフェローとしてテレビでも活躍しているビジネス界のさだまさしこと藤原和博氏も司会進行役としていらっしゃっていました。今回は「世の中の課題に挑戦する若者達 -使命感・お金もうけ・達成感- 」という題名で行われました。
フォーラム終了後、キャリナビの事務局代表をされている平尾ゆかりさんとお話しする。克尚さんから平尾さんについては聞いていたため、うまく授業に活用できないかというお話をする。
その後、向かい側のビルで呑む。三和総研の方とお話をする。コンサルについて色々と教えていただいた。
宴が終了後、猪尾さんと帰宅。
藤原和博氏が出した、「お金じゃ買えない。」という本のチラシ

今日は須田の誕生日。しかもYAMAHAの納期。
来社したデジタルラーニングの米田さんとミーティング。
それから帰宅。写真は、先日送られてきた、GIORGIO ARMANIの秋冬カタログ。とってもかっこよく仕上がっています。
GIORGIO ARMANIの秋冬カタログ

久しぶりに登龍の餃子が食べたくなって母と麻布十番へ。
ここの餃子は高いけど絶品。時々食べたくなる。その後、予約しておいた浪花家の鯛焼きを食べる。なんか食欲を満たした一日だった。
夜、Yahooオークションでいろいろなものを出品する。
麻布十番 登龍

髪を切ったのでちょっと頭が軽くなった。
午後からお花のお稽古へ。それから新丸コンファレンスのMCC一橋大学商学研究科の守島基博教授の話を聞く。戦略人事の中の成果主義を聞く。
経営のマネジメントを行うといった前提での人事についてお話を伺う。最近、インセンティブを与えるだけの成果主義が増えているという。会社の目的がベースとなって成果主義を導入しなければ失敗するという。富士通の失敗の例を挙げて説明をしてくれた。東京大学の佐藤博樹教授のtheoryは成果主義↑→現場のコーチング(人材育成)↓というもの。やはり個人主義化が進むのは否めないようだ。
その後、オフィスへ行き、デザイン会社の代表とサイトの企画打ち合わせ。
オフィスに泊まって朝まで作業。
新丸コンファレンスから地下駐車場へ

今日は家でずっとテレビを見ていた。ブッシュ大統領の会見を聞いていると、まるでIndependence Dayのよう。
誰がやったかと言う犯人探し、強国は自分の犯した罪を分かっていないのであろうか。強い者はいつも正義なのだろうか。そんなことを一日考えていた。情報に踊らされてはいけない。情報というのは必ず発信する人の有利なように操作されている。アメリカ社会のTOP、財閥はかなりの割合でユダヤ系である。民族感が明らかに情報に現れている。
これから人種差別が激しくなるだろう。
アメリカにいる友人たちの無事は確認された。インターネットの父こと村井先生は、事件の時、JFK空港にいたそうだ。次の標的になる可能性もあると言われ、走って逃げたそうだ。
FBIではUSAMA BIN LADEN氏を容疑者としているという。おそらくアメリカは自国の権力誇示のために報復行為をするだろう。相手が国家ではない場合、難しいが、経済的、政治的に強い圧力をかけて制裁を加えるだろう。
基をたどれば宗教間の問題になる。ブッシュ大統領は民主主義に対する挑戦ということを強調し、他国の協力を煽っているように思えた。
以下、ホワイトハウスのホームページよりブッシュ大統領の声明を引用。

THE PRESIDENT:
I have just completed a meeting with my national security team, and we have received the latest intelligence updates.

The deliberate and deadly attacks which were carried out yesterday against our country were more than acts of terror. They were acts of war. This will require our country to unite in steadfast determination and resolve. Freedom and democracy are under attack.

The American people need to know that we're facing a different enemy than we have ever faced. This enemy hides in shadows, and has no regard for human life. This is an enemy who preys on innocent and unsuspecting people, then runs for cover. But it won't be able to run for cover forever. This is an enemy that tries to hide. But it won't be able to hide forever. This is an enemy that thinks its harbors are safe. But they won't be safe forever.

This enemy attacked not just our people, but all freedom-loving people everywhere in the world. The United States of America will use all our resources to conquer this enemy. We will rally the world. We will be patient, we will be focused, and we will be steadfast in our determination.

This battle will take time and resolve. But make no mistake about it: we will win.
The federal government and all our agencies are conducting business. But it is not business as usual. We are operating on a heightened security alert. America is going forward, and as we do so, we must remain keenly aware of the threats to our country. Those in authority should take appropriate precautions to protect our citizens.

But we will not allow this enemy to win the war by changing our way of life or restricting our freedoms. This morning, I am sending to Congress a request for emergency funding authority, so that we are prepared to spend whatever it takes to rescue victims, to help the citizens of New York City and Washington, D.C. respond to this tragedy, and to protect our national security.

I want to thank the members of Congress for their unity and support. America is united. The freedom-loving nations of the world stand by our side. This will be a monumental struggle of good versus evil. But good will prevail.

Thank you very much.

夜、Amazonで義援金を送る。
911911
911911

今日は運命の日。
僕は今日もニューオータニで行われるGIORGIO ARMANIのファッションショーを断った。夜、家でテレビを見ていると急遽ニュース。World Trade Centerに民間機が突っ込んだ。突っ込むと言うより、CNNでは"into the world trade center"という表現を使っていた。つまり、中へ入っていったのである。まるで映画を見ているよう。
急遽メールでNYにいる人たちに連絡をとる。
その後、ペンタゴンも攻撃される。ニュースに釘付け。
夜中オフィスへ行き、アスキーの方たちとテレビを見ながらミーティング。
家に帰ってもテレビに釘付け。朝までテレビを見ながらアメリカにいる友人と連絡をとる。
一方で喜んでいるイスラム圏の人々。アメリカ経済の象徴であるWorld Trade Centerが崩れ去ったことはアメリカ国民の心を傷つけると共に、アメリカ経済も混乱するだろう。航空会社は景気低迷、戦争になれば石油系、ケミカル系の株が上がるだろう。おそらくアメリカのことだから金融政策はしっかりととるだろうが、このテロの影響はかなり大きいものと思われる。
また、小泉首相のしっかりとした対応も求められることになるだろう。
911911

今日はGIORGIO ARMANIの横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで行われるファッションショーを断って、横浜のStarbucksで陽多さんとミーティング。その後、最近横浜にも進出した一風堂で白丸。
陽多さんと別れた後、そごうへ直してもらっているスーツを取りに行く。そして帰宅。
写真は以前、GUCCIでもらって以来かわいがっているGUCCIのテディベア。
GUCCIのテディベア

今日は夜、クラス会の打ち合わせのため、以前克尚さんがアルバイトをしていた、麻布十番のNOODLESへ。幹事と店長と克尚さんで打ち合わせをする。先生がパクチーが大丈夫かどうかが微妙・・・
それから、二次会の予約をするために恵比寿のZESTへ。ちょうど日曜日で今日はロデオナイトだ。
そこで大騒ぎをしている集団を発見。よく見ると酔っぱらったあっちゃんと塚本邦二郎・・・
呼んだら来た来た。あっちゃんは久しぶりに酔っぱらってました。剣道祭の帰りだったそうです。剣道部期待の一年生イッセイくんがロデオナイトと優勝してました。
肝心の予約が、クラス会の日はテラス席しか取れないらしく、一応キープしてプラチナボエムに電話。高島さんに頼んで二階席をキープしてもらう。
それからオフィスへ行って、軽く打ち合わせをしてから帰宅しました。外はすごい雨でした。
あっちゃんとクラス会幹事

朝、オフィスへ行き、デザイン会社の代表と打ち合わせ。
その後、伊勢丹の外商から送られてきた招待状を持って、丹青会に参加するために、ニューオータニの鶴の間へ。
そういえば、先日GIORGIO ARMANIから送られてきたAUTUMN WINTER2001の写真集カタログにかっこいいネクタイが載っていたのを思い出してそれを取り寄せてもらうことにした。
それからGIORGIO ARMANI紀尾井町店で酒葉さんとお話し。
その後WEST PARK CAFEで母と食事。オリーブオイルをたっぷりと使ったアーリエオーリエペペロンチーノをいただく。
その後、YAMAHAへ行って、須田と携帯サイトの打ち合わせ。それからオフィスへ戻る。夜中、アスキーの天野氏が来社。取材をさせてもらう。
そして朝までオフィスで仕事。
紀尾井町付近WEST PARK CAFE

netcom合宿最終日。
今日も朝から会議室で勉強。M2の発表も終わって今日はchapter6。修悟と田中が発表。それからみんなで黒磯駅近くの蕎麦を食べに行く。
渡辺美智雄や鳩山威一郎も食べたという蕎麦をいただく。
車組はそのまま御用邸のチーズケーキを食べに行く。スポンジケーキであんまりおいしくなかった・・・
その後、車で猪尾さんを乗せて帰る。2時間半で着いた。
桜木町まで猪尾さんを送ってから八雲のオフィスへ。夜遅くにミーティングをする。
netcom M1メンバー

netcom合宿2日目。
朝から会議室で勉強。僕の担当場所の発表から始まった。かなり重要な部分であるchapter4。
社会的文脈がindependent variableであるというhypothesisを実証しようとしている部分である。
午前中に終わらせて、午後は民族資料館へ行き、那須にあった講の話を聞く。
結構面白い話が聞けた。茅を葺くための講が那須には存在したと仰っていた。興味深かったのは姓によって風習があるという話。大森姓は正月に餅を食べないらしい。もう一つ他の姓では餅をつかないらしい。姓による風習は面白い。
また、那須近辺では両暮制といって、骨を埋めるところと墓を建てるところは別の場所らしい。拝むのは墓の場所。骨と魂は別物という考え方なのだろうか。
夜は昨日のジンギスカンの肉が海鮮に変わっただけの鉄板焼。でも、今日は馬頭琴の演奏付きだった。弦楽器には珍しく指を内側から押さえて弾くという馬頭琴。エンタテインメント性のある楽器だった。荒城の月も演奏してくれ、感動した。
食後、再び会議室で勉強。その後、金子先生のパオで飲む。JANP渡辺が面白かった。
明日でやっとPutnam合宿も終わり。
アンディとまぁ民族資料館の方の講義

今日からnetcomの合宿。
睡眠をとらないまま朝早くに家を出る。車で首都高から東北自動車道へ。早めに出たが、空いていたため、早く着きすぎた。集合時刻の2時間前に那須へ。懐かしのV-cubeキャンプの時に行ったMEGAMARTへ。ここで電話線と電池を購入。
それから那須周辺を散策。集合時刻にオオシマフォーラムへと戻る。
金子先生が到着して勉強会開始。自分の研究テーマに合わせてPutnamの測度などを考えるという流れのようだ。なるべくresearch question、inferenceを具体的に、測定しやすいように置いた。
夜まで勉強会。宿は会議室から離れたテンゲルというところ。行ってみてびっくりした。モンゴルのパオなのだ。こんなところに泊まるのは始めて。
MEGAMART

今日も一日中「哲学する民主主義」(Robert D. Putnam NTT出版)のレジュメを作成。
あとは自分の研究テーマをまとめる。明日から合宿のため、V-cubeのミーティングはキャンセル。明日は早くに家を出る予定なので、寝ないで朝まで勉強。
写真は家に迷い込んできたレース用の鳩。一説によると一羽1000万円もするとか・・・
家に迷い込んできた鳩

一日中「哲学する民主主義」(Robert D. Putnam NTT出版)を読んでレジュメを作成。とりあえず読み終わる。
ちょっとだけ気分転換に外へ出る。フェディーとお散歩。
明日はレジュメを作成しなければ。
フェディー

とうとう9月に突入。
朝30分ほど寝てから中スポーツセンター、川崎市教育文化会館と精力的に動き回る。途中でお腹が空いて赤坂ラーメンを食べる。オフィスにはしんちゃんやリカちゃんがいた。夜、「哲学する民主主義」(Robert D. Putnam NTT出版)を読む。
そろそろ本格的に合宿の準備をしなければ・・・
しかし、寝不足と疲れていたのでそのまま倒れ込むように寝てしまう。
写真は、プロダクションのマネージャーと約束をしていた際に、原宿で見かけたアリキリの撮影。
アリキリ

このアーカイブについて

このページには、2001年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2001年8月です。

次のアーカイブは2001年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。