とにかく全てがキングサイズ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今日は朝からオフィス近くのデニーズでBFMをしそれから馬場ちゃんのリードエグジビジョンジャパンから送られてきた招待券で、とっちゃんと一緒にISOT2002国際文具・紙製品・事務機器展へ行く。東京ビックサイトへとっちゃんのドマーニで行き、会場へ。会場内で馬場ちゃんと落ち合う。しばらく一緒にぶらぶら見て歩く。
相変わらず文具は面白い。どんな発展をするかが毎回楽しみである。
文具という人間とは切りはなせないもの。その発展を見るのが楽しいのである。今回の目玉は、やはり「アノトペン」だろう。Bluetooth内蔵の「アノトペン」を使えば、紙に書いた文字がデータとなってPCや携帯電話に伝送される。これをコクヨやパイロットが製品化するためデモ機が置いてあった。なんと機械を作っているのはSONY ERICSSON。すげーーー。
あとは面白そうなキーボードを見つけたり、アロンアルファの昔のCMなどを見て楽しむ。
さんざん歩いたため、疲れが見えてきた。それから流れで、COSTCOへ行く。COSTCOとはアメリカで展開されている、会員制Wholesaleストア。とにかく全てがキングサイズ。アメリカ製の洗剤やらゴミ箱やら芝刈り機まで。なんとシボレーコルベットまでが売っている。そのデカさに圧倒される。ここは一度見ておいた方が良いかもしれない。
CDとベーグル16個入りとポテトチップスの一番でかいやつ(コンビニで売っているBIG BAGよりもでかい。普通には見たこと無いサイズ)などを購入。ベーグルはあまりに多いため、白井家と井出家で半分にする。アメリカンスタイルの買い物客が多かった。外人も多いし。
レジを出るとそこはもうアメリカのファーストフード状態。名物の、でかいホットドックを食べ、コーラを飲む。ピザ1ピースにしてもサイズが違う。日本人でいう3ピースくらいのサイズが1ピースで売っている。絶対おかしい。
そこから何故か阿部ちゃんに会いに行くことになり、慶應病院へ行く。阿部ちゃんを拾って、香月のバイトするderriere北青山へ。お茶を飲みながらしばらく語る。途中で今井さんも呼んで、二度とあり得ないとっちゃん、阿部ちゃん、今井香月の組み合わせ。
そこからオフィスに帰って白井家と井出家のベーグルを分けて帰宅。満腹感な一日だった。
未来型キーボードCOSTCO
阿部ちゃんととっちゃん

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: とにかく全てがキングサイズ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/288

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2002年7月13日 22:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サイン入り慶應マグカップ」です。

次のブログ記事は「MASERATI」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。