2003年1月アーカイブ

いよいよ修論提出日。τでの残留生活も最終日を迎えた。昨日からわっきーも手伝ってくれ、誤字脱字を修正し、朝、やっと修論が完成した。ロフトのプログラムの中には、最後まで格闘する人が多く、プリンターがひっきりなしに動いていた。途中でプリンタが何度も故障。これは大変。時間が1分でも遅れたら半年延ばすことに。大友さん、三輪ちゃんは最後まで格闘していた。
これでやっと残留生活から抜け出せる。
午後から幼稚舎へ行き、明日からの教育実習に備え、ミーティングを行った。
修論提出

生活感

| | コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよ修論提出も間近。金子先生とのFAXのやりとりも少なくなり、まとめる段階に入ってきた。SFCでの生活も残り少ない。
今日は、僕の机の中を見せます。即席スープをドンキで買いだめしすぎて、こんな状態になってしまいました。生活感、あふれてますね。こんな状態で良いんでしょうか?
机の中

残留して、τで朝を迎える。SFCであと何日朝を迎えるのだろうか。修論も終盤にさしかかり、朝食は、三輪ちゃん、ジャンプ、クララ、たえちゃんと食べた。自炊状態。炊飯器も2台あるし。無洗米も買ったし。毎日毎日修論を書きながら朝ご飯をτで食べてるとまるで家族みたい。
ネットコムな人たち

今日は久しぶりの息抜き。健康診断のため、汐留へ。血をいっぱい抜かれた。心なしかふらふら。こんなに血を抜かれたのは初めてかもしれない。修論地獄から一瞬抜け出せた気がした。しかし、夜からSFCへと戻る。また残留生活に戻った。
新社屋から

またSFCでの残留生活に戻った。正月休みを家で充電し、免許の違反者講習会にも行った。修論を書き上げなくてはならない。でも、年末年始とがんばったおかげで、随分と楽になった気がする。14日の提出まであと少し。がんばりまする。
1日に初日の出を拝むことができなかったので、残留あけの今日、天気がよかったので、τの屋上に登って、日の出を見る。ιの辺りから太陽が登り始める。かなり綺麗だった。
τの屋上から見た朝日

初めてSFCで年を越した。τにいる人もまばらになり、τ3階の電気を消してみたりした。24時間電気がついているτが暗くなるのを初めて見た。
ジュニとジャンプと一緒に近くの宇都母知神社へ初詣に出かける。なんと、宇都母知神社には、神社なのに鐘があった。なので、除夜の鐘を突かせてもらう。
そして、神社でお雑煮をいただき、τへ帰る。そして、初日の出を見ようとするが、曇っていて見えなかった。ジュニが見ようと言い出したのに、なかなか起きてくれなかった。ひどい。。。
除夜の鐘

このアーカイブについて

このページには、2003年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2002年8月です。

次のアーカイブは2003年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。