Bridge

| | コメント(0) | トラックバック(0)

麻祐子が脚本を書いた「Bridge」がいよいよ公開。今日はその初日だったので、舞台挨拶もあり。
案内をいただいたので、行ってきました。
いつもとは違う日常の中のちょっとした旅によって、出演者それぞれがちょっとずつ変わったりしていく様子を描いている。全体としては愛、恋について考えさせられる映画。
歩いているシーンが多いのだが、その順番や歩き方で微妙に心境の変化を描いている気がした。
僕はどちらかというと、七宮満作な感じ。自分では気づいていなくて人を傷つけている感じ。
麻祐子の舞台挨拶

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Bridge

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/501

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2004年7月10日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「premini 630円」です。

次のブログ記事は「選挙へ行こう!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。