ハウルの動く城

| | コメント(0) | トラックバック(1)

結局ビデオ編集、ppt作成が終わったのが1時半。2時半からハウルやってたよ、というクララの一言で、とっちゃんとクララと深夜のハウル。
ジブリの映画ってだいたい環境問題に対する提言だったりというイメージが強くて、それを考えながら見ていたんだけど、今回は色々てんこもりで、散らばっているような気がした。
守る人がいるということは力になるということ?
戦争に対する提言?
何歳になっても愛するということは可能ということ?

謎だ。
とっちゃんが言ってたけど、宮崎駿の映画は、
「女の子が空飛んで魔法を使う」
と。
確かに今回もそんな感じ。

とにかく、多くの疑問を残した映画でした。

ハウルの動く城

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ハウルの動く城

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/657

☆The diary of RIKATAN☆ - ハウルの動く城 (2005年1月10日 22:46)

遅ればせながら、ついに見ました「ハウルの動く城」。映像の綺麗さやそのしなやかな動きに目を奪われました☆映画の感想はというと・・・ 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2004年11月20日 23:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「桜吹雪が風に舞う」です。

次のブログ記事は「鮟鱇尽し」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。