日本の借金どうなるの?

| | コメント(0) | トラックバック(0)

最近考えていることの一つが、日本の借金はどうなるのか?ということである。
現在、日本の借金は709兆円。1家庭あたりの負担額で割ると1500万円となる。(参考:日本の借金時計
竹中先生がいかに頑張ったところで、ゾンビ化した日本企業、そして政治と密接にくっついた企業のおかげで、先延ばし先延ばしにしていると、いつかはデフォルト適用しないと取り返しがつかなくなってしまうのではないかという懸念があります。
どうやってこれらを返済するのか?お金の在処は対外資産か日本の国内個人資産にしかないでしょう。対外資産は殆どがアメリカの財務省の金庫にあるもので、400兆円程度でしょうか。しかし、この対外資産は、現在の日本とアメリカの関係性を維持する以上は、”永久的不良債権”と見なした方がいいでしょう。
ということは、個人資産を使用するしかないだろう。現在の日本には、1400兆円あると言われているため、「まだだいじょうぶだ」と言う人もいる。しかし、個人資産を使うにしても、インフレ・ターゲッティングに突き進むか、預金封鎖するか、地味に銀行への公的資本注入をするかという選択肢があるが、歴史を振り返っても、金融危機に陥った国は、最終的にはハイパー・インフレが起り、物価上昇に賃金上昇が追いつかず、国民の生活が破綻している。
まだ体力のあるうちに、預金封鎖を行って欲しい。自分自身の資産がまだ無い立場だから無責任に言える事なのかも知れないが、bank holiday宣言をして、不良債権処理をするべきである。これによって、市民は、ペイオフで守られていない預金を全て失うことになるが、アルゼンチンのように、金融クラッシュで取り付けが起ってからではもう遅いのは金融庁も分かるだろう。
問題は、誰が音頭をとってやるかである。政党という癒着組織がある限り、小泉さんでも改革は遅々として進まず名ばかり。民間から登用された竹中先生も様々な圧力に四苦八苦。金融庁や財務省に圧力がかけられる複数人での改革推進者が力業で預金封鎖するしかない。戦後のように新円発行を重ねて行えば、ハイパー・インフレ、そして闇経済になることは歴史を見ても明らかだが、先延ばしにするほど、この問題は時間が経てば経つほど、アルゼンチンへと向かっている気がする。
スマトラ沖大地震で、日本は5億ドルの無償資金援助を決めたが、借金国には借金国なりの援助の仕方があるのではないかと考えてしまう。まあ、支援されたい側である北朝鮮が1575万円の資金提供を表明しているということもあるが・・・

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本の借金どうなるの?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/709

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2005年1月15日 22:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あえなく新橋にUターン」です。

次のブログ記事は「おでこ広告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。