このクリエイティビティはどこから

| | コメント(0) | トラックバック(0)

古流協会展が銀座松屋で行われているのでちょっと見に行く。
僕の所属している古流松應会の家元、副家元作品はいつもながら驚かされます。このクリエイティビティはどこから来るのか。
家元はブランコを作っちゃうし、副家元は壁にビニールを貼り付けてその中に生けてあるし。
僕もこのような作品を生けてみたいものです。
泉は僕と入れ違いで見に行ったみたい。

千羽理芳氏の作品千羽理應氏の作品

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: このクリエイティビティはどこから

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/759

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2005年2月14日 23:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「転職者」です。

次のブログ記事は「重さがご飯1杯分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。