考え方も語彙も偏重傾向

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ひさびさにSFCへ。
湘南台までの道のりが遠く感じる。
槇文彦の建築、やっぱり好きかも。τとテレ朝はやっぱり似ている。両方とも槇文彦氏デザイン。
τで申請していたSFC研究所上席所員の所員証をもらう。
それから。ι408でやっているnetcomに参加。僕の修論の発表をnetcomメンバーが行うため、オブザーバーとして参加。
netcomを離れて2年が経って、改めて参加してみると、言葉がおかしい。明らかに通常使っている言葉ではない言葉で会話がなされている。なんじゃこりゃ。
この中にいたのかと思うとちょっと恐い。でもあの頃はこれが普通だった。改めて、違う世界を見ることの重要さと同じ世界に留まることの恐ろしさを痛感。
研究者もそうだけど、学校の教師もそう。一度教師になると、ずーっと教師をする。というか、せざるを得ない。日本には人材の流動がまだまだ弱い。
同じ世界に留まるとどうしても考え方も語彙も偏重傾向にならざるを得ない気がする。

netcom後は湘南台でたえちゃんやJANPたちとご飯。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 考え方も語彙も偏重傾向

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/869

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2005年5月12日 23:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FireFoxが」です。

次のブログ記事は「さ和鳥」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。