映画のプロモーションだとしたら

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今日見たニュース。すごい驚き。どうやら今後はインターポールに預けられるらしいが、これがもし、映画のプロモーションだとしたらかなりすごい。

ロンドン──英国南東部ケント州の海岸近くで先月8日夜、ずぶぬれのフォーマルな黒スーツ姿でさまよっていた男性が警察に保護された。男性はおびえた様子で全く口をきかず、身元不明のままだが、ピアノが非常に上手なことが判明し、映画「シャイン」のようだと注目を集めている。全英失踪者救援協会(NMPH)は16日、男性の写真を公開し、男性について情報を募り始めた。

英国の各メディアによると、男性は保護されてからも全く話さず、病院の精神科病棟で手当てを受けている。病院のスタッフが、筆談はできるかもしれないと紙とペンを渡したところ、男性はグランドピアノの絵を丁寧に描いた。このため男性を病院の礼拝堂にあるピアノの前に連れて行くと、疲れ果てるまで4時間にわたってクラシック曲を弾き続けたという。

男性は身長183センチで細身、髪の色は茶色、年齢は20─30代と見られている。保護時に着ていた衣服からは、ラベルがすべて切り取られていた。また、ピアノの絵のほか、スウェーデンの国旗も描いた。

医師やソーシャルワーカーらの話では、男性は何かにおびえている様子で、人と目を合わそうともしない。また、誰かが近づくと部屋の隅へ逃げ、顔を隠そうとするという。

医師は、男性が神経衰弱の状態だと見ている。

また、自殺しようとして海に飛び込んだ可能性も指摘されている。

男性の状態が、実在の天才ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットの半生を描いた映画「シャイン」の物語によく似ているため、英国の各メディアはこぞって大きく報道している。

この男性に心当たりがある場合は、NMPH(http://www.missingpersons.org/)へ連絡するよう、呼びかけている。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 映画のプロモーションだとしたら

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/883

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2005年5月20日 01:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Ithaa」です。

次のブログ記事は「moussy for men」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。