文化心理学 ― 理論と実証

| | コメント(0) | トラックバック(0)

読書。面白いのが、東先生の話。日米間の経済摩擦について道徳的に分析している。
「人の家に土足で入り込むように内政干渉をして我を通すアメリカ」という表現だったり、「口で約束してもまったく守ろうとしない日本」という表現であったり、道徳的なトーンを帯びた表現でそれぞれの国のマスコミが国民に伝え、それぞれの国民が、「あいつらはけしからん」と思っているわけだ。
日本は高コンテキスト文化の国であり、アメリカは低コンテキスト文化の国と考えれば、必然的に上記のような表現を使って国民を煽動することができる。
認知主義のKohlbergは文化的普遍性を訴えたが、文化・ジェンダーの面から批判された。
日本人の道徳に対する考え方について再考させられた。

413011106X文化心理学―理論と実証
柏木 恵子 増田 貴彦 東 洋

東京大学出版会 1997-11
売り上げランキング : 57,651
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 文化心理学 ― 理論と実証

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/998

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2005年8月19日 00:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Hellow Tomorrow」です。

次のブログ記事は「The Spirit of Ashtanga Yoga」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。