Googleの躍進が目立った年

| | コメント(0) | トラックバック(0)

今年一年を振り返ると、やはりGoogleの躍進が目立った年だったと思います。
個人的には、Googleが紙媒体へ進出したことがかなりショックでした。
おしらく、現在のAdwordsの仕組みをそのまま紙媒体に応用して昔から変わらない紙の広告業界へと進出し、旋風を巻き起こすことになるでしょう。
となると、広告代理店の役割は無くなってしまうでしょう。
さて、どう逆襲を図るか。
来年もGoogleの動きに注目です。
Googleは元々検索エンジンの開発から始まった会社。
僕が知ったのは大学3年くらいだったでしょうか。
理工学部の先輩に教えて頂きました。
シンプルで分かりやすく、何より、回線がナローバンドだった時代に、軽いという特徴があり、直ぐにデフォルトになりました。
あれから8年、Googleはただの検索エンジン開発会社ではなくなりました。
Googleを脅かす検索エンジンが出てきて欲しいと願っています。
あの時はナローバンド時代にテキストベースで軽く、早い検索エンジンだからデフォルトを取れた。
ここまで無線LANインフラが整備されてくると、きっと、次はビジュアライズされた検索エンジンが主流になってくるのではないでしょうか?
注目しているのは、UJIKO。検索画面がかっこいい!そして、検索結果がWEB画面としてビジュアライズされて見える。
日本語が使える検索エンジンでは、MARS FLAG
ここに注目しています。こちらも検索結果がWEB画面で表示されます。
DHTMLでしょか、レイヤーでpop upっぽく表示されているのでかなりビジュアラズされてます。

というわけで、来年もよろしくお願いします。

MARS FLAG
UJIKO

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Googleの躍進が目立った年

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/1183

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2005年12月31日 23:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「忘年会議」です。

次のブログ記事は「困難をかかえた子どもを育てる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。