世界図絵

| | コメント(0) | トラックバック(0)

コメニウスの世界図絵を読む。
福澤先生の「訓蒙窮理図解」を思い出しました。
万国共通なユニバーサルデザインな教科書。
コメニウスは薔薇十字団に所属していたという説もあり、レオナルド・ダヴィンチのシオン修道会、テンプル騎士団との関連性も考えると楽しい。
世界図絵自体は聖書に沿って書かれているように感じられた。
コメニウスはプロテスタントだったため、聖書を重んじ、奇跡を否定せぬよう天動説を支持したのではないだろうか。コメニウスほどの人が天動説を本気で支持していたようには思えない。
教会の圧力を気にしていたコペルニクス、ガリレオガリレイと同様な気がする。

世界図絵世界図絵
J.A. コメニウス Johann Amos Comenius 井ノ口 淳三

平凡社 1995-12
売り上げランキング : 122,529

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 世界図絵

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://idetai.to/mt/mt-tb.cgi/1348

コメントする

このブログ記事について

このページは、taitoが2006年5月 3日 14:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スクーリング」です。

次のブログ記事は「ひみつの花園」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。