BOOKS: 2004年4月アーカイブ

ちょっと遅いのだが、新書で出たので、バカの壁を読んだ。
言っていることは普通のことであり、屁理屈っぽい感じがする。特に勉強になったと言うことも無し。なんでこの本が売れているのかがよくわからない。
きっとタイトル勝ちだろう。逆をいえば、内容負けしている。養老氏の本は、なんだかいつも同じようなことが書いてある。
でも、ここまで有名なんだから、新書だったら買ってもいいかもね。酷評ですいません。
バカの壁

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2004年4月以降に書かれたブログ記事のうちBOOKSカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはBOOKS: 2004年3月です。

次のアーカイブはBOOKS: 2004年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。