BOOKS: 2005年8月アーカイブ

麻祐子が構成や企画を担当したヨガの本が出版。
長く側に置いて読んでもらえる本を目指して書いたらしいのでヨガをやっている人も、これからの人も。
是非読んでみて下さい。
BRUTUSのヨガ特集にも出てきたケン・ハラクマ氏の本。ヨガの第一人者の方ですので、役立つと思います。

4777101630The Spirit of Ashtanga Yoga ヨガでもっと強く美しくなるために、知っておいてほしい8つの枝の話
ケン・ハラクマ

ゴマブックス 2005-06-18
売り上げランキング : 5,344
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読書。面白いのが、東先生の話。日米間の経済摩擦について道徳的に分析している。
「人の家に土足で入り込むように内政干渉をして我を通すアメリカ」という表現だったり、「口で約束してもまったく守ろうとしない日本」という表現であったり、道徳的なトーンを帯びた表現でそれぞれの国のマスコミが国民に伝え、それぞれの国民が、「あいつらはけしからん」と思っているわけだ。
日本は高コンテキスト文化の国であり、アメリカは低コンテキスト文化の国と考えれば、必然的に上記のような表現を使って国民を煽動することができる。
認知主義のKohlbergは文化的普遍性を訴えたが、文化・ジェンダーの面から批判された。
日本人の道徳に対する考え方について再考させられた。

413011106X文化心理学―理論と実証
柏木 恵子 増田 貴彦 東 洋

東京大学出版会 1997-11
売り上げランキング : 57,651
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

思うところがあり、靖さんの課題の本だった、「グローバル化と人間の安全保障」を読む。
価値の衝突が起った地域では、社会経済的環境に影響を及ぼすことによっても、平和を促進させることが可能ではないだろうかと考えたり。
あとは、アカウンタビリティによる意志や価値の可視化も重要な気がする。

4818813648グローバル化と人間の安全保障―行動する市民社会
勝俣 誠

日本経済評論社 2001-08
売り上げランキング : 294,160
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2005年8月以降に書かれたブログ記事のうちBOOKSカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはBOOKS: 2005年4月です。

次のアーカイブはBOOKS: 2005年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。