CLIPの最近のブログ記事

iPhone

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ついにiPhone公開。
auの音楽携帯なんか目じゃないですね。
断然かっこいい。
携帯で音楽を気軽に買って聞くというワンストップ型携帯になるのでしょうか。
今までは購入はPC、聞くのはi-Podと分かれていましたからね。
それだけでもスマートになるし、appleにとっては売上増でしょう。

以前からうわさが絶えなかった米Appleの「iPhone」がついに現実のものとなった。Macworld Expo会場では、スティーブ・ジョブズ Apple CEOの基調講演が終わった直後から、中央にあるひときわ大きなAppleブースでiPhoneの展示が始まっている。
iPhoneは発売が6月ということもあって(1月10日の記事参照)、まだ一般のユーザーが手にとって自由に触れるような展示は行っていない。Appleブースの端に1台ずつ、計2台のiPhoneがショウケースの中に展示されている。
さすがに今回のMacworldの目玉展示だけに、iPhoneの周囲には幾重にも人垣ができており、近づくことすらままならない状況だったが、人波をかき分けて、回転しているiPhoneの外観を撮影してきた。
主な機能や画面の画像は、すでにAppleのWebサイトでも公開されており、そちらの方がイメージはつかみやすいかもしれないが、端末背面のリンゴマークなど、基調講演では分かりにくかった部分も確認できた。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0701/10/news023.htmlより引用。

これがもし事実ならかなり楽しみ。
Yahoo! 360°対抗ってことでしょうか。

Google plans to launch social bookmarking, according to an inside source. Sure, it shouldn't be a surprise (they could just tweak the Search History feature), so the big question is whether it'll suck.
If it does suck (and you kinda know it will), chances are Google won't admit it. It's not like Yahoo, who bought del.icio.us to fix problems with MyWeb. Google just doesn't do that, because they're INFALLIBLE.
But hey, maybe the Measuremap deal shows they've learned their lesson. After Google rolls out whatever geeky, confusing bookmark system they've built, they could still buy Digg.
source:here

メトロセクシャルの次は・・・ウィバーセクシャルとクロスセクシャルらしい。

人気のある新しい男性のタイプを指す名称も、その標本的姿も変化を繰り返している。
2004年、映画俳優クォンサンウとサッカー選手アン・ジョンファンは代表的な「花美男」と言われた。
文化界では彼らをいわゆる「メトロセクシャル」の象徴だと紹介した。
ファッション感覚をリードし、欠点のない体つきにソフト笑みと礼儀正しさをすべて取り揃えたのが特徴だった。
「メトロセクシャル」という新造語を作った英国文化評論家マーク・シムソン氏は「性アイデンティティにかかわらずマスクとライフスタイルにお金をかける都市型男性」と規定した。国内では「外見のいいハンサムな男性」の意味で主に使われている。
この用語は男性化粧品や衣類の市場拡大とともに広く普及された。
昨年は「~の上に、超越した」という意味のドイツ語「ueber」を付けた「ウィバーセクシャル」という概念が登場した。米国の広告会社トレンド分析家であるマリオン・セルズマン氏はこの用語を「自信ある肯定的な男性的マスクをもち、既存の男性にはいない、感性が不足しているような弱点を克服した人」と説明した。
ドラマ『私の名前はキム・サムスン』に登場したダニエル・ヘニーは完璧なマスクと「ソフトさと自信」の調和を見せ、代表的「ウィバーセクシャル」となった。
最近は「外見に気を使う男」ではなく「外貌を女性のように作り上げる男性」である「クロスセクシャル」が登場した。
新人映画俳優イ・ジュンギは映画『王の男』で「女性よりきれいな女性の姿」を表現した。
文化評論家イ・ドンヨン氏(41)は「男性が外見を女性のように作り上げる「性アイデンティティの逆転」は、不況で生じた社会的不満の逸脱的表現である側面もある」と話す。
人気の男性のタイプを規定するこのような用語が「商業戦略の産物」という批判もある。
文化評論家イ・ジョンウ氏(36)は「どう定義してもこのような用語は新しい男性像を作り、そこに当たる商品を売るために誕生したものであるだけ」と指摘している。
ソース:こちら

I think that Google ADwords will advance into mass medeia.Google had already went into the Magazine space by ADwords device.It has begun to mass...
What is the next?

Brings Radio Advertising to Google AdWords Advertisers

MOUNTAIN VIEW, Calif. - January 17, 2006 - Google Inc. (NASDAQ: GOOG) today announced it has agreed to acquire dMarc Broadcasting, Inc., a Newport Beach, Calif.-based digital solutions provider for the radio broadcast industry.

dMarc connects advertisers directly to radio stations through its automated advertising platform. The platform simplifies the sales process, scheduling, delivery and reporting of radio advertising, enabling advertisers to more efficiently purchase and track their campaigns. For broadcasters, dMarc's technology automatically schedules and places advertising, helping to increase revenue and decrease the costs associated with processing advertisements.

In the future, Google plans to integrate dMarc technology into the Google AdWords platform, creating a new radio ad distribution channel for Google advertisers.

"Google is committed to exploring new ways to extend targeted, measurable advertising to other forms of media," said Tim Armstrong, vice president of Advertising Sales, Google. “We anticipate that this acquisition will bring new ad dollars and accountability to radio by combining Google’s expansive network of advertisers with dMarc’s talented team and innovative radio advertising technology. We look forward to working together to continue to grow and improve the ecosystem of the radio industry.”

“We are excited to be joining one of the most innovative companies in the world,” said Chad Steelberg, CEO of dMarc Broadcasting, Inc. “We are bringing together complementary visions of simplicity, efficiency, and accountability to the radio advertising process.”

dMarc customers will not experience any interruption in service. For more information on dMarc Broadcasting, please visit www.dmarc.net.

Transaction and Financial Information

Under the terms of the merger agreement, Google will acquire all of the outstanding equity interests in dMarc, a privately held company, for total up-front consideration of $102 million in cash. In addition, Google will be obligated to make additional contingent cash payments from time to time if certain product integration, net revenue and advertising inventory targets are met over the next three years. The maximum amount of potential contingent payments is $1.136 billion over the next three years. Since these contingent payments are based on the achievement of performance targets, actual payments may be substantially lower. The acquisition is subject to customary closing conditions. Google anticipates that the acquisition will close in the first quarter 2006. Substantially all of the payments will be accounted for as part of the purchase price for the transaction.
source:here

It's amazing.I think so that Google will be the greatest competitor, and...I hope so.

Google has suggested it may consider setting up an online book store.
Google CEO Eric Schmidt told reporters at the Consumer Electronics Show in Las Vegas that this would depend on permission from copyright holders.
The web giant has been electronically scanning thousands of volumes and has put some online.
But its plans to create an index to all the world's books have run into opposition from publishers and authors.
Paid for downloads
Google has gradually been expanding its empire beyond its origins in search.
Last week Google launched an online video store during a keynote speech by its co-founder Larry Page at CES.
The venture is the first time Google has enabled its users to pay for premium content.
While commercial video downloads are relatively new, e-books have been available for years, though they have failed to take off.
Sony is also trying to invigorate demand for e-books. At CES, it launched a new portable device to read e-books and announced deals with major publishers to sell them online.
Asked if Google would consider doing something similar, Google CEO Eric Schmidt said: "Subject to permission from the copyright holder, yes. I want to be clear on that."
Sell more books
During a briefing with international journalists at CES, Mr Schmidt and Mr Page sought to reassure concerns about Google's book digitisation project.
"Google book search is about building the world's largest card catalogue," said Mr Schmidt. "We are not taking copyrighted information".
Google is working with Harvard University, Stanford University, the University of Michigan, the New York Public Library and Oxford University on the digitisation project.
But the plan has run into legal challenges that temporarily halted the systematic scanning operation.
"You are certainly seeing a bit of negotiation by public relations," said Mr Page.
"We are not letting you read the book from the library until we have rights from the publishers, which they will give us as it will help them sell more copies."
As well as concerns from groups representing publishers and authors, Google faces competition from a similar rival plan to scan books by the Open Content Alliance.
The group counts Microsoft, Yahoo and the Internet Archive among its backers.
c.f. BBC

先日、NHK BSで中国中央電視台のゴールデンのタイム枠入札の模様をやっていた。
入札総額は52.48 億元で前年同期比27.5%の増加らしい。
今回は100 社が参加し、落札額が最も大きかったのはP&G の3.8 億元と、中国でもNo.1となったP&G。さすが。
しかし、面白かったのは入札制度。
かなりの長時間をかけてタイムの入札を行っていた。
オークション形式で行われていた。もしかするとバイイング会社しか入札できないのかもしれないが、企業担当者も居たって事は原価開示だし。もしかするとバイイング会社通さずに企業が入札してる可能性もあり。
日本の広告業界に慣れてしまった自分としてはなんとも不思議な光景。

中国では、日本のNHKに相当する中央電視台(中央テレビ局)があるが、NHKとは異なり広告放送も行っている。国を代表するテレビ局として、中央電視台は絶大な信用度と影響力を持っている。この数年、シェアを急拡大している中国企業は、中央電視台の大衆受けする番組に広告を集中している。中央電視台での露出は、一般消費者に「国が保証しているブランド」という"お墨付き"のイメージを与え、番組の人気を追い風に全国レベルで知名度を上げることができる。
色々調べていたらこんな記事が出てきた。中国中央電視台は国営放送で広告が入っている。CMを入れればいわゆる”お墨付き感”が得られる。それに大してNHKは国民からの受信料で制作費を賄っている。そういう番組を作っているNHK。中央電視台みたいになりたいわけ?

中央電視台が占めている、「国」はある意味で「独占的な地位」につながるせいか、違和感を持つ日本や欧米の企業も多いようだ。そのせいか、これまで海外企業は中央電視台での露出について消極的だった。たとえば、中央電視台が導入した高視聴率時間帯のコマーシャル入札制度は、中国経済のバロメーターといわれるほどになった。すでに入札は11回を数えるが、海外企業で落札したのは昨年のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が第一号。ここへ来て、海外企業がようやくその重要さに気づいたという状況なのだ。

HERMÈSが冠ってすごい!

J-WAVE(六本木6)は1月7日、エルメスの提供による新番組「HERMÈS L'AIR DE PARIS」を開始する。同番組は、毎週土曜日20時から約1時間に渡って放送されるもので、ナビゲーターには同局番組「RENDEZ-VOUS」なども務めるVieVieさん。ファッションをはじめ、音楽やアート、グルメ、ナイトライフといったパリ発のライブ感あるトピックスを交え、仏ファッション雑誌「ジャルーズ」の元編集長のアレキサンドラ・セネスさんによる「パリのいま」を3分間で紹介するコーナーや、文学や映画、演劇、政治家など様々なジャンルの注目の人物をゲストに招くコーナー(第1週は女性音楽プロデューサーのベアトリス・アルディッソンさん)などを用意している。 「HERMÈS L'AIR DE PARIS」はこちら

元ソースはこちら

友人からメールが送られてきた。
鈴鹿サーキットがGoogle Maps上で試走できるって!

これ、作った人、かなりすごい!
色々応用できそうですね。
http://tech.nitoyon.com/javascript/application/racing/1/

Google has a rich stock of topics for conversation about the advertising business!
It was on my mind.
In America , Google will join in the major advertising market which is unimaginable in Japan.

[Google], already dabbling in print ads, recently confirmed that it's "mulling" ways to extend its ad-brokering system to television spots as well.

Traditional media companies have learned never to underestimate Google, but television and ad execs say the complicated, research- driven model of selling TV time will be tough - if not impossible - to crack.

"We are always considering new ways to extend Google's ...

Vodcastの波が来ますかね。
早速開局です。
参考:Pod TV

メディアエンジン(元麻布3)は10月18日、世界初のiPod向けVideoCast専門テレビ局として「PodTV」を開局すると発表した。同局では最大100チャンネルを目標に、すべての番組を無料で配信、視聴者は先ごろApple社から発表された「iTunes6」と動画対応の「第5世代iPod」を使って利用する。どの番組も、広告モデルで運営。携帯電話を利用した配信と比較して、数段高品位な映像・音声で配信可能で、番組の長さの制限もなく、パケット代も必要ないことが特徴。当初はユーザーニーズが多い情報・ニュース番組の配信からスタートし、徐々に専門性のある番組を増やしていく予定で、第1弾として、毎朝トレンド・ニュース情報を紹介する番組「朝トレ on PodTV」をスタート。「今日の予定」「新商品」「街の話題」「各種ランキング」「占い」などの情報を発信していく。同社では、10月19日と20日に東京国際フォーラムで開かれる「東京コンテンツマーケット2005」に出展し、詳細を発表する。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちCLIPカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはBOOKSです。

次のカテゴリはCOLUMNです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。