CLIP: 2004年3月アーカイブ

ICタグ関連技術の国際標準化団体「EPCグローバル」が、標準化作業に参加するための前提条件として、会員企業に厳しいIPポリシーを突き付けているため、NEC、NTT、日立製作所、富士通といった日本の大手ベンダーが、今年秋に山場を迎えるICタグの国際標準化活動に参加できない可能性が出てきたというニュース。
國領先生、村井先生、頑張ってください!!
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NC/NEWS/20040322/141734/

やばいものを発見してしまった。
東急ハンズにちょっと買い物に行ったところ、「飲んでみて!」という店員さんの声につられて、謎の黄色い液体を飲んでみた。
それが、メダリスト。
メダリストのパンフレットには、「ノーベル賞学説クエン酸回路活性強化飲料メダリスト」と書いてある。単純に考えると凄い!
しかも、これは、血液サラサラになるというフラバン茶の効能と、生活習慣病にならないというヘルシア緑茶の効能を足したような飲み物である。店員さん曰く、味を甘いと感じれば感じるほど体調は良く、酸っぱいと感じると、体調が悪いという印だという。僕は酸っぱく感じた。
なんか騙されてる気がするが、気になって、家に帰ってGoogleってみた。

アリストという会社が製造しているのだが、なんか凄いページが。
http://www.tonar-system.co.jp/aristo/index.html

しかも、アリストのHPはもっと凄かった。特にボタンの下の文章を見てもらいたい。
「※ボタンが固い場合は、少し強め(長め)に押してみてください!」
ボタンが固い?WEBのボタンが??
http://www.arist.co.jp/syoujou.htm

誰か、買ってみて下さい。報告求む。

最近、様々なメディアに、「怪盗ドワンゴ」が出没しているのを知っていますか?
僕はJ-WAVEやスピリッツで情報を仕入れました。
是非あなたも参加してみては?
携帯メールでd@mtag.jpに空メールしてみてください。そこから謎解きが始まります。

■事件の経緯
 1ケ月ほど前、新宿区に住む資産家の自宅から現金1千万円が忽然と消えた事件は、市民のみなさんも新聞報道ですでにご承知でしょう。
 この事件の犯人は、『怪盗ドワンゴ』と称する人物であり、彼は奪った金を特殊な構造の黄色い箱に入れて、六本木ヒルズ内に置き、彼が提示する『謎』をすべて解いた者、先着100名に1人10万円ずつ分配することをさまざまなメディアを通じて宣言しています。
 これまでに怪盗ドワンゴが残した『謎』は、わかっている限り以下の通りです。

謎01 朝日新聞(2/29)

 怪盗ドワンゴは、2月29日(日)の朝日新聞朝刊をまるまる1ページ乗っ取り、メッセージを掲載しました。
 このメッセージに従って携帯電話で空メールを送ると、賞金10万円が先着100人に当たる「謎解きゲーム」への参加を薦められ、専用サイトで登録する仕組みになっています。ここで最初に提示された謎は次の通りです。

『813。20時きっかりに訪れよ』



謎02 J-WAVE放送

 この「813」は、FM放送局のJ-WAVEの周波数で、文章の指示通り20時ちょうどにJ-WAVEにチューニングしたところ、約40秒間放送が乗っ取られ、次のような怪盗ドワンゴのメッセージが流されました。

『ポルドガルの医者へ行き、ドイツの方角を見よ』

 この放送は2月29日から3月6日までの一週間、毎晩行われました。



謎03 ドトールコーヒーの店内

 六本木警察署で調べたところ、ポルトガル語で「医者」は「ドトール」と言うことがわかりました。そこでドトールコーヒー店内に行ったところ、ジャーマンドックのメニューの横に、シールが張られていました。

『π3名様殴るぞ』
表の女の周りを見よ

 報告によれば、首都圏のドトールコーヒー600店全店のジャーマンドックの写真の横に同じシールが確認されています。



謎04 スピリッツの表紙

 上記のメッセージを『π』『3名様』『殴るぞ』の3つに分解すると、小学館から発行されている週刊漫画雑誌『ビッグコミック・スピリッツ』に連載されているマンガのタイトルと一致することが判明しました。
 そして、その『ビッグコミック・スピリッツ』の表紙には、Webサイトのアドレスとメッセージが掲載されていました。

『次はココへ行け!
 http://www.so-net.ne.jp/nazo/』



謎05 ホームページ

 『ビッグコミック・スピリッツ』の表紙にあったアドレスへアクセスすると、怪盗ドワンゴからの新たな謎が提示されていました。
 しかしながら、そのサイトは閉鎖。現在、公開捜査サイトに切り替えられてしまいました。



謎06 ウィダーインゼリー

 「10秒で2時間」という言葉は、『ウイダーinゼリー』という製品の特長を表した言葉であることが判明しました。
 実際、『ウイダーinゼリー』の底には「●で始まる4行の文章」があり、その文章を怪盗ドワンゴの謎の通りに操作すると

 「ス」「ク」「キ」

の3文字が残ります。



謎07 キヨスク

 「ス」「ク」「キ」の3文字+未知の1文字は、駅の売店「キヨスク」を意味します。キヨスクの横を見ると、次のように書いてあります。

『偶の日の日暮れに昇る朝日。』



謎08 『偶の日の日暮れに昇る朝日。』

 偶数日の朝日新聞の夕刊に日産cubeの広告が載っています。そこにこう書いてあります。

『シートが三列になった
 cubeキュービック。
 堂々、新登場。
 BODYカラーが
 八色もあるのが、
 ちょっとうれしいね。
 さあ、望遠鏡を積んで、
 星でも観に行こうか。』  

さらに、原稿用紙も情報として寄せられました。この2つを組み合わせると、以下のような文章が浮かんできます。

『新星堂でCDしちょう』



謎09 新星堂のCD試聴コーナー

 CDショップ「新星堂」の試聴コーナーには、怪盗ドワンゴの指示がありました。そして指示されたCDのあるトラックを再生すると、以下のようなメッセージが流れました。

『これから言うローマ字を書き取りたまえ
 MNL TPE SEL SHA PEK JTB
 赤い表紙を手に取って気ままな旅に出てみたら?』

ドトールのメニュー

Skype

| | コメント(0) | トラックバック(3)

最近、SFC生の間で、skypeが流行っているようだ。ようは、P2PのIM電話なのだが、ファイアーウォール内やNAT内であっても特別な設定なしに利用できる優れものである。しかも、通常の電話やIMアプリケーションのIPフォンよりも音質が良いらしい。
誰か、始めたらID教えてください。一緒にやりましょう。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/01/29/1919.html
http://www.skype.com/

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2004年3月以降に書かれたブログ記事のうちCLIPカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはCLIP: 2004年2月です。

次のアーカイブはCLIP: 2004年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。