COLUMN: 2005年8月アーカイブ

郵政民営化関連法案が本日参院本会議で否決され、衆院解散された。
僕の中では、解散の理由が理由ならば、正当な解散だと思う。
その理由は後述するが、前から郵政民営化の議論が行われる際に、疑問に思っていたのが、”郵政民営化に関して”「賛成」とか「反対」としか議論されずに、元々どこが発端だったのかが分からなくなっているように思える。
元々はといえば、郵便貯金、簡易保険など330兆円を超える個人金融資産の1/4にあたる郵政マネーを国営のままにしておくと、国債購入、公共事業等への投資に使われ、日本の借金を助長するためであったはず。
金にだらしのない人間が、大量の金を持っていたら、使ってしまう。これと同じ。どうすればいいかは誰でもわかる。金を別の場所へ移すか、だらしのない人間をどうにかするかだ。
この場合の前者、金を別の場所へ移すというのが郵政民営化。330兆円の金を使われてはたまらない。しかし、この理由を小泉さんは明言しない。「民でできることは民で!」という一点張り。
これがよくわからない。郵政官僚がいると財政削減にならないというのが原因だと思われかねないこの一点張り。小泉さん、国債の発行額を30兆円まで抑えると明言していた人だから、財政破綻について考えていないわけがないだろうに。
根本にあった理由をしっかりと述べればいい。アメリカが自由に触手を伸ばすことができるお金に換えることが裏にあったとしても。
今回の否決で衆院解散。これが理由が理由であれば正当であると冒頭で言ったのは、先ほどの前者「お金を別の場所に移す」がダメだったから、後者の方、つまり、「だらしのない人間をどうにかするか」を実行に移したというのが理由ならばである。
だらしのない人間、つまり国会議員をどうにかしてしまったのだ。
つまり、次の総選挙は、「お金を管理できる人」を選ぶべきというのが僕の意見。

2005年8月: 月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2005年8月以降に書かれたブログ記事のうちCOLUMNカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはCOLUMN: 2005年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。