DIARY: 2004年3月アーカイブ

年度末のどたばた感。そんな感じ。師走よりも師走っぽい感。そんな感じ。
年度末はいろいろある。やらなければならないことが多い。
そんなこんなで、営団地下鉄とも今日でお別れ。
明日からは東京メトロ。どうぞよろしく。

昼飯は鳥徳で鳥鍋。これも美味しいよ、康平!

茅場町は、今、桜並木がとても綺麗です。

何故か酒井さんちの未来ちゃんに汐留で飯食おうと誘われ、湘坊で麻婆豆腐。
イチくんの話とかホモに告白された話とか、、、なんつー話してんだろ。
次回はダンでお願いします。
酒井未来

歓送迎会で、19時に始まって、終わったのが3時。中華→カラオケ。そこから酔っぱらいを送って帰って、寝たの4時。
週初めからこれはツライ。

苺苺苺

| | コメント(4) | トラックバック(0)

早起きして、苺狩りへ。「30分食べ放題」の表示を見て、「えーー30分は少なくない?」って独り言を言ってたら、苺狩り屋さんのおじさまに、「あんた、30分苺食べ続けてたら死んじゃうよ」と言われた。
確かに。実際、15分くらいでギブアップ。
ビニールハウスの中の苺はたいてい少し生暖かくてあまりおいしさが感じられなかった。もう少し曇っている日に来ればよかった。
それから、サイクルスポーツセンターなるところでパターゴルフの巻。
苺狩り

熱海へ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

netcomメンバーで熱海へ。ファーストグリーン赤根崎リゾートというカンジオススメのホテル。久しぶりに夜明けまで飲みながら、色々な話。
最近、ニュースで見たのだが、熱海は若い女性をターゲットに誘致を図るべく、海へのライトアップをしてるとか。残念ながらホテルからは見えなかった。

普通部スキー学校4日目です。今日は初心班について一ノ瀬へ。しかし、ゴンドラ上で、ゼッケン忘れの生徒がいたため、彼を連れて一回宿へ。ゼッケンをしてるのを確認し、一緒に寺子屋へ。然し、吹雪いていて視界が悪く、何も見えない。和田先生とそこで合流し、講習をしている気配がないので、一本滑ってくることに。大回りで一本下りてくるが、誰もいる気配がない。そこで塚田コーチに電話。すると、視界が悪いため一ノ瀬に移動したとのこと。移動したなら連絡しろよ!と怒りながら一ノ瀬へ。一ノ瀬ダイヤモンドでやっと合流し、僕は反対側の一ノ瀬ファミリーへ。そこで初心や班と合流し、ご飯。午後はタンネ・オコジョの森で講習でしたが、クワッドリフトが点検のため停止。やむなくプランを変更し、一ノ瀬ファミリーから寺子屋へ抜けて帰りました。入りのチェックは僕だったので、林間入り口のチェックが終ると直滑降で壊れたゴンドラ前へ。そこでチェックを済ませ、またまた直滑降で宿へ帰着しました。本部無線は今回慶應義塾の無線とモトローラの無線を使っているのですが、電池切れが早く、仕方がないので、帰着報告はコーチ無線で行いました。通信機器が、本部無線、モトローラ、コーチ無線、携帯電話×2と5つもぶら下げて宿前で待機してました。大体10分遅れ程度でみんな到着。今年は自由時間に滑りに行くということもなく、宿で温泉に入るのが唯一の楽しみでした。夜はお疲れさま会ということでコーチ部屋で飲みました。

本日、銀座のルノアールにてタロットの研修。
なんつー研修だ。とお思いの方もいると思いますが、四柱推命の次はタロットを極めようと。こちらもコンテンツビジネスとして発展できそうな感じ。
さやかは就職活動中。がんばれ!準ミス慶應!

あなたのワードローブに着なくなってしまった要らないTシャツ、何枚ありますか?そのTシャツで、世界中の恵まれない人を救えるなら・・・というコンセプトで、要らなくなったTシャツ5枚と500円で、このプロジェクトに賛同したデザイナーのTシャツと交換してもらえる。しかも、5枚のTシャツは発展途上国へと送られる。日本のファッション業界も捨てたもんじゃない。ファッション業界だからこそできることを見つけて、やっているのだ。
今日、このイベントに誘われて、行ってきた。会場は、目黒のホテルCLASKAの2F。
主催はファッション雑誌のcommons & sense。
commons & sense → http://www.commons-sense.net/
HOTEL CLASKA

いのぽんに誘われ、ミュージシャン証券化プロジェクトがいよいよ具体化。今日はその打ち合わせ。今回、投資することになった桜井鉄太郎さんが所属するCosa NostraのステージがAFRICAであるので、その前に、原宿のconceal.cafeで投資家ミーティング。知っている顔はいのぽんと康平と小松社長だけ。でも色々なバックボーンを持つ方が投資家で、音楽関係には疎い僕には心強い。
その後、AFRICAへ向かう。なんだか、今日のAFRICAはクラブになっていた。0:30から9曲、Cosa Nostraのステージを聴いた。今日まで桜井鉄太郎さんを見たことが無かったのだが、初対面で、面食らってしまった。というのは、名前からして、もっと若い、森山直太朗的な人をイメージしていたから。
でも、歌声はすばらしい。ギャップとしては須田くらいある。
ステージが終わって、康平を送って帰る。
桜井鉄太郎さんCosa Nostra

今日、心なしか、夜のオフィスに人が少ない。UAE戦なのか白い巨塔最終回なのか。
僕も早めに切り上げて、家に帰る。後半が既に始まっていたが、観戦。ダバディの予想通り、3-0で快勝。アテネへ・・・
そして白い巨塔最終回。結局なんだかんだで、5回くらいは見た気がする。
医者とか医学部の学生とかって、これを見てどう思うのだろうか。意見を聞いてみたい。
財前五郎のような医者にはなるまい!里見脩二の様な医者になりたい!と思いつつ財前のようになっていく医者が多いのだろうか。

今日はオスカー、FLOSとプロダクション巡りな一日。そして、久々にぐっちに会う。ぐっちの親父さんがやっていて、馬場ちゃんが勤めているODSの前で交通事故発見。思わずぐっちに電話してしまった。
風邪が凄く強くて、目にゴミがいっぱい入る。目が細いとゴミは入らないのかなぁ。目が細いと視界も狭いのかなぁ。なんて訳の分からないことを考えていた。
風邪が強すぎて、表参道の木に靴の裏の泥を落とす緑のマットが引っかかっていた。
あと、ampmで和泉元彌がお金をおろしていた。でも、一回でおろせるお金じゃ足りないらしく、2回並んでおろしてた。
表参道の木に引っかかった足拭きマット

ちょっと不快感を覚える広告。
ご存じだろうか?電車の中にある、「合格してグチャグチャになろう」という文字。しかも赤バックに白抜きの文字で。「交通事故でグチャグチャになる」というイメージを持ったのは僕だけだろうか。
栄光ゼミナールの広告なので、嬉し泣きをして顔をぐちゃぐちゃにするという意味だというのは分かるのだが、どうも危ない意味のグチャグチャをイメージしてしまう。色遣いだろうか。
この広告をご覧になった方、どう思いましたか?

今日、初めて、マックのフィッシュマックディッパーを食べてみた。マックが青。である。先日、マックのグローバルブランドマネージャーのお話を聞いたが、マックのブランドは緩い世界規定がある。その中での青マック。
お台場に青マックができたが、青デニとは訳が違う。青デニは青山にあるデニーズだから青デニ。
青マックは青いマックなのだ。
一度行ってみたい。
http://www.mcdonalds.co.jp/sales/promotion_new_h_f.html

牡丹鍋

| | コメント(4) | トラックバック(0)

今日は堀家で牡丹鍋。仕事終了後、広尾のENOTECAへ。猪肉に合うものをと、GEVREY CHAMBERTINの2000年のものを購入。あとは日本橋の三越で買った、CLUBHARIEのバームクーヘンを美奈子さんへのホワイトデーとして。
堀家へ行くと、雄貴がはしゃいで出迎えてくれた。サイバード社長ロバさん自らが腕を奮い、丹波笹山の最高級猪肉を味噌ベースの鍋の中へ。
とても美味しいお肉でございました。
丹波笹山の猪は、丹波笹山の最高級松茸を食べて育つから高級だという噂も。

セブンイレブンでヘルシア緑茶を1680本購入。そしたら代金は¥317,250になりまーす。とのこと。
コンビニでこんな買い物したの、初めてです。セブンイレブンの方も、驚いていらっしゃいました。
セブンイレブンで¥317,250

松本孝利研の勉強会。4月から松下電器のアントレプレナー契約社員となる琢ちゃんと、ドラッカーの本の訳者として知られる上田惇生先生がゲストスピーカー。
ドラッカーのパートから参加しました。
「自分はなにをもって覚えられたいか」という言葉が印象的でした。これはドラッカーが小学生の時に宗教の先生がおっしゃった言葉。これをずっと覚えていたらしい。
これに似た日本の諺で、「虎は死して皮を残し、人は死して名を残す」というのがある。これは僕が小学生の時に担任の先生に教えてもらった諺。
ドラッカーも尊敬する人物の一人である福澤諭吉も、「身体髪膚之を父母にうく、敢て毀傷せざるは孝の始め也。身を立て名を挙げ以て父母の名を顕すは孝の終わり也」とおっしゃっていた。これも同じようなことだろう。
西村琢 → http://www.asahi.com/job/news/OSK200401270036.html
上田惇生 → http://www.iot.ac.jp/manu/ueda/
上田先生お勧めの本は、プロフェッショナルの条件
ドラッカー プロフェッショナルの条件上田惇生先生

HERMES

| | コメント(2) | トラックバック(0)

夜、東京国際フォーラムで行われたHERMESのファッションショーへ行ってきた。やはりHERMESが一番ショーのレベルが高い。
今回は、田中康夫氏とはお会いできなかったが、ヒロミが居た。
HERMES春夏コレクション

最近、LED信号機が増えてきた。歩行者用もLEDのものに移行しつつあり、人の色が違うのでとまどったりする。
世代交代の基準はどうやって決めているのだろうか。大きな交差点で、4つ信号があっても、内2つだけLED信号機だったり。
Googleで調べていたら、信号機にもメーカー毎に若干違うことが分かった。
おもしろいので、以下リンク。
信号機サイト → http://www43.tok2.com/home/yukibo/led.html
LED信号機 歩行者用

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2004年3月以降に書かれたブログ記事のうちDIARYカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDIARY: 2004年2月です。

次のアーカイブはDIARY: 2004年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。