DIARY: 2004年6月アーカイブ

お昼はキッチン柳でさくっと。
ここのご飯とフライが好き。ご飯もおかわり自由だし。たいてい炊きたてのご飯だし。

住所:中央区日本橋茅場町2-6-9
Tel:03-3666-3860
営業時間:11:00~13:30、17:00~20:30
定休日:土、日、祝日

キッチン柳 チキンカツキッチン柳 日替わり

久しぶりに部会の幹事。
今回は、矢田ちゃんの衣装を無理矢理着てみた。
ウエスト、がんばれば入る。むしろジャケットの方がきつい。
なりきり矢田ちゃんでした。
柴田監督に撮影・編集してもらったからくりTVクイズは大好評。
やったね。初めての女装はなんなく終了しました。
なりきり矢田

ハンズでパーティーグッズなどの買い出し。
おおちゃんと静乃に呼ばれてというか呼び出しをくらって自由が丘へ。呑む。12時頃分かれたら、ばったり美緒に会う。すげー偶然。仙台でアナウンサーとかしてて、あんなに滅多に会わない人とこんなところでばったりなのがすごくびっくりだった。
そこからSFCのテニサーの集まりに顔を出した。

森川さんと、ura.の三周年記念パーティーへ。
こんな混んでるの見たことないくらい混んでるので、とりあえず入らず、恵比寿BARで飲んでから行くことに。森川たっくんと、森川たっくんの会社の吉村社長とネイルサロンの2人と恵比寿BARで飲む。
んで、1時間半後くらいにura.へ乱入。
うげー。まだ混んでるー。こんなすし詰め状態なんてura.じゃねー。ってぶちぶち言いながらも1,000円飲み放題は嬉しいぜーっ!ってことでひたすらビール。
ネイルサロンの方と競って飲み。
で、KOEの方と会う。ほっほー。つながりますねー。
また、女子校からの同級生に会う。ほっほー。またまたつながりますねー。
KOEの方、ura.の櫻井さんに似てるよねー。女傑っぽいよねー。
なんて話しているうちに終了。
で、まだ飲みたいということで、Devaに移動。
おいおい、今日もまた2時だよ~。

くるちゃんにバイトを紹介して、付き添い。
元ミスフェアレディの2人だけにさすがにナレーションは慣れたもの。
すぐにナレ原覚えちゃってた。
んで、その後はお約束の飲み。そしてお約束通りくるの一人舞台。
変わらないねー。あんたも。
でも、ちゃんとセーブしてたっぽい。
今日はこけてませんでした。
結局4時。ねみー。
くるに鬼を強要された

孫福さんの告別式。大学院の時に、ふらりと行った孫福研。快く迎えてくれ、それ以来、色々と指導をしていただいた。その孫さんが急逝。慶應義塾の塾監局長、理事を務め、SFCを創り、総合政策学部教授、そして昨年から、横浜市立大学初代理事長を務められていた。
ものすごい魅力で人をひきつけていらっしゃった、孫さん。
一番始めに孫さんに言われたこと。
それは、「孫福先生」と呼んではいけない。「まごさん」と呼びなさい。
それ以来、ずっと「まごさん」。
どんな時も優しく接してくださった孫さん。ご冥福をお祈りいたします。

うー。アタマガイタイ。
朝起きると久々の二日酔い。
あまりならないのだが、今日ばっかしは二日酔い。
シャワーを浴びると頭痛軽減。
そして幼稚舎同窓会へ。
受付に着くとちょうど翔が。「昨日は飲み過ぎた」という話になる。当たり前か。
7年ぶりの雨プラン。
川瀬さんが幹事長の時だったな。
久々に会った人たち。しーちゃん、みなよっくん、ぶどまい、たんたん、松岡さん、山田さん、尚太さん、輝さん。馬場ちゃんとか康平はよく会ってるし、イチ君や真鍋や翔は今朝まで呑んでたし。須田も珍しくないし、麻耶はこの前メシ食ったし。
来年はあーちゃんが幹事長らしい。
がんばっておくれ。
翔にCDもらう。いやー、これアツイわ。やべー。

夕方までにやらなければならないことを片づけて、久しぶりの渋谷へ。GREE三田会なるものへ参加。
村井アドグルの幸枝様に遭遇。おひさしー。
んで、デバさんに誘われるがままにメシを食いに行くことに。withメディコムの方々。サトマキが帰ってきているので、合流しようとしたが、合流できずじまい。サトマキはぐっちょんとかとメシ食ってた。メシにイチゾウ合流。何故か定食を食べる。
そしてイチくんの車で自由が丘へ移動。3つ目の会へハシゴ。
真鍋の送別会へ。顔を出して、挨拶して帰るつもりだったが、結局4時まで呑む。
真鍋の送別会はこじんまりと。イチゾウ、翔、トニオと。
翔とトニオが帰った後、もう一軒。さすが真鍋家の男。
結局4時まで真鍋とイチゾウと呑む。
で、真鍋を家まで送って、下まで静乃に迎えに来てもらう。
そのまま個タクで就寝。

最近お気に入りのNEW DESIGN PARADISEを見る。
クラインダイサム作の郵便ポスト、かっこいー。光る半透明郵便ポストに仕上がった。
松下電器産業が郵便ポストを製造しているとは知らなかった。
しかも、その値段が2口ポストで75,000円だって。個人で買えたりするのかなぁ。
郵便箱って登場した当時は、黒く、「垂れ便箱」と間違えられて、よく用を足されたらしい。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2004年6月以降に書かれたブログ記事のうちDIARYカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDIARY: 2004年5月です。

次のアーカイブはDIARY: 2004年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。