DIARY: 2005年6月アーカイブ

Vlogキャンペーンがスタート。Nissan Note × 楽天
テッちゃんと吉岡さんが出てます。
FlipClip使ってくれないかな。

某誌取材。カバラ紐褒められた。
それからスターウォーズエピソード3。
某大御所俳優さんもご一緒。
最初は凄かったけど、んー。スターウォーズっていまいちよくわからないんですよね。ストーリーが。
1から見始めたので。4,5はこれから見ます。

夜中に同僚を西麻布に迎えに行くことになり、オール。
オールなんて久々でした。

携帯からFlipClip投稿。
ちゃんと「止まれ」の停止線のところで一旦停止して、左右確認をするうちの犬、さくら。

りかたんとはあちゅうからいただいたMusical Baton。
今月流行ってますね。
いただいたのですが、ちょっとチェーンメールのblog版的なにおいがして、コメントにて対処。
ごめんよ。おふたりさん。

Google Mapsのtokyo版がリリース。

汐留はこんな感じ

一番縮小された地球規模のところから拡大していくとかっこいい。CTUみたい。

昨年アメリカで起こった一大ムーブメントLIve Strongと、イギリスサッカー界の人種差別問題から起こったStand Up Speak Up
どちらもNikeがサポートしているが、CSRが注目されるようになる前からNikeは社会貢献活動に積極的である。
このような企業姿勢自体に「かっこよさ」が見られる会社、素敵です。

でも、このリングにしたのはさすが。FREE SIZEでいけるし、コストも余りかからないし。
こうなるとDonationの障壁も下げられるしね。

Live Strong と Stand Up Speak Up

山本印店に、印鑑ができあがったので取りに行く。
運気上がるかな。
三宿の交差点近くにある山本印店、占い師や経営者、タレントさんの間では有名な印鑑やさん。
今使っている印鑑見て占ってくれたり、運気が上がるように印鑑作ってくれたりします。
金運上げたい人は是非ここで印鑑を作るといいですよ。

夜は、久々に高野君に会う。高野君と言えばらーめんなので、五行へ。
高野君とはANAホテルのプールに行って以来だから、2年ぶりくらい。
新しい調査手法のモデルなどについて議論する。途中で、スタジオ出てきた康平も合流。
〆のらーめんは全種類大盛で。
塩を初めて食べたけど、Afuriに似てる。
でも、焦し醤油のこの味は、やっぱり、五行しか出せないな。

昨日はイベントでずーっと立ってたので、烏来に行ったとはいえ、まだまだ身体が疲れてそう。
同僚誘ってO2+でリフレッシュ!
某アナウンサーさんに教えて頂いたのですが、1.3気圧の酸素の中に入ることによって、乳酸が分解されるそうです。
某スポーツ選手や某タレント、某社長もやってることで有名です。
疲労回復に加え、美肌、老化防止、ダイエットにも効果有り。
ぐっすり眠ると、1時間しか寝ていないのに、数時間寝た気になります。
僕は顔と手が痛くなります。毛細血管が細いかららしいですが、初めは気圧のせいかと思ってました。
60分で6300円。オススメです。

それからLa pitchouli de Loulouでメシ。同僚の友人のタレントさんご一行様が偶然隣に。
手相を見させられて散々言われる。もうぜってぇ見てやんねぇ!
もう一軒、ラトリエで一杯だけ飲んで帰る。

O2+

長い期間準備してきたイベントの日。
一日だけのイベントにものすごいお金と時間をかける。ひとつのものが形になるとすごく嬉しい。
イベントで、さやかとヒデヨシと遭遇。二人とも某出版社。こんなところで会うとは、びっくり。今後ともよろしく。
そしてまた、昨日の建て込みの時には、イベント運営会社に就職した、小学校の後輩、ジョーと遭遇。偶然同じ仕事をするとは!しかも、数週間前に就職したばかりだという。同窓会の時もイベント好き野郎だと思ってたけど、まさかこんなところで会うとは思わなかった。
とりあえずこれで一段落。2人もサプライズな出会いがありました。
イベント終了後は打ち上げしてから、烏来行って全身コース。
中国語で冗談とか言ってたら、「オキャクサンオモシロイネ」と言われる。なんだか嬉しくなる。

Franklin Ave.でランチした後、康平夫妻と六ヒルに移動して「ミリオンダラーベイビー」を見る。
やり残したことがあるうちは人間やっぱり死ねないと強く思う。今のところ、やりたいと思っていて実現できていないのは2つ。1つはもう無理だな。年齢的に。もう1つは死ぬまでに叶うだろうか。
久々に考えさせられる映画。
それから、十番に移動して、竹里館でお茶しつつ、病み上がりの康平のおなかを考慮して、海南鶏飯食堂。でもいっぱい食べました。

メトロセクシャル推進委員会がEZTVで紹介されました。
マーク、よかったねー。そして小川弟も。
そしてコメンテーターは松本さんでした。

イルカに乗ってみたいという夢があります。
今日はちょっとだけそれに近づきました。
下田海中水族館には、ドルフィンフィーディングというイルカに触れて、芸をさせて餌をあげるというプログラムと、ドルフィンビーチという実際にイルカのいる海に入って触れ合うプログラムがありまして、それに参加してきました。
イルカとオキゴンドウと触れ合ってきたのですが、オキゴンドウの方が気性が優しく、海にはいると、すぐに、垢を落としてくれよ~と近寄ってきます。
こすってあげると、垢が落ちて気持ちいいらしく、目を閉じてじーっとしています。
バンドウイルカの方が柔らかいです。
おなかを見せる芸や握手、最後はジャンプまでやってもらいました。
餌は丸飲み。イルカの口の中がちょっと気持ち悪かった。

握手の芸餌をくれーと言ってます

あせび野から5分ほど歩くと、「天城ほたる祭」がやっています。だいたい6月10日頃が一番の見頃。
雨さえ降らなければと思っていましたが、曇空。ホタルは、蒸し暑いくらいの方がよく飛ぶらしく、しっとりしている今日はちょうどいいですよ。と女将さんに教えてもらう。
出会い橋という、男橋と女橋のあたりでホタルが見られる。
20:00~20:30が一番の見頃。生き物だからそんなに正確ではないのだが、20:00過ぎに行くと既に100匹以上飛んでいる。
ものすごく綺麗。あんなに長時間飛びながら光るとは思わなかった。
手に留まったホタルもいて、じっくりと観察。
生のホタルをこんなにたくさん見たのは初めて。これは感動します。

ほたる男橋 夜になるとこの下にホタルが飛びます
綺麗な水にホタルは住みます

現在D&DEPARTMENTで行われているWITHOUT THOUGHT 6。
そのイベントとして、深澤直人 × ナガオカケンメイのトークセッション@D&DEPARTMENT
WITHOUT THOUGHTとは、深澤直人氏がインハウスのプロダクトデザイナーを集めて、コンペではなく、ワークショップ形式で行っているもの。今年の課題はcoin。
今回のイベントで販売された小冊子coinもかなり秀逸。
深澤直人氏といえば、前に紹介した±0やMUJI、KDDIのINFOBARやishikoro等、数多くの作品を手がけている。
GOOD DESIGN AWARDで検索すると、13件がヒットする。
興味深かったのは、今月の広告批評にも出ていましたが、行為を誘発するデザインは決してしていない。「こういうものもあるよ」という驚きを与えているだけだということ。理論づけがデザインにされているように見える深澤デザインだが、実際は、直感で生み出し、それを後付でなんでこういうデザインにしたんだろうかと自己分析をするらしい。
また、普通←→デザインと思われがちだが、「普通のデザイン」という部分を強調していた。
貴重なお話をする機会を与えて頂いたので、広告について聞いてみた。
私 : 「広告を今後手がけることってありえますか?」
深 : 「頭の使い方を広げてみたいとは思うけど、それは依頼された時に考えるかな。面白そうなんだけど、自分の頭の中の本質がブレてしまうのが恐いかも。」
私 : 「最近気になる広告ってありますか?深澤さんにササッタような広告。」
深 : 「マックシェイクがダントツだね。シェイクを吸い込んでいたら自分が逆にシェイクに吸い込まれちゃうやつ。あれは最高!吸い込むという行為をしていたら逆に吸い込まれちゃう。ここがスバラシイ!」
03年の夏にやっていた内山君のやつですね。

WITHOUT THOUGHT 6WITHOUT THOUGHT 6
WITHOUT THOUGHT 6

イベントでディズニー。
ええ、ちゃんと仕事ですから。
車でしか行ったことがないディズニー。
モノレールとバス、めちゃめちゃかわいいですね。
こんなミッキーの窓とかつり革とか初めて見ました。
ディズニー好きの人が言ってましたが、世界中にミッキーは一人しかいないってホントですか?
そのために、時差もちゃんと考えられてるとか。
ということは、アジアやオセアニアでディズニーできたら日本での出現機会が減っちゃいますね。

ミッキーモノレールミッキーバス

6月になりました。
段々と梅雨の雰囲気が漂って参りました。
イマアイの獅童的には嬉しいんだろうが、僕は嫌い。
海南鶏飯食堂でカレー。
夜から幕張で現場検証してから、てやん亭”で22時過ぎから呑み。結局家着いたら3時だった。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2005年6月以降に書かれたブログ記事のうちDIARYカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはDIARY: 2005年5月です。

次のアーカイブはDIARY: 2005年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。